みらかグループについて

受託臨床検査事業

受託臨床検査事業

受託臨床検査事業では、病院・診療所を中心とする医療機関から主に患者さまの検体をお預かりし、高度な技術と品質保証体制のもとで分析し検査結果をご報告する受託臨床検査事業を主に日本と米国で展開しております。

国内受託臨床検査事業

国内No.1を誇る、高度な技術と充実した国内ネットワークにより、総合的にサービスを展開

国内ではエスアールエルと日本医学臨床検査研究所、北信臨床および群馬臨床検査センターにおいて受託臨床検査事業を行っております。

エスアールエルは1970年の創業時から、事業分野を特殊検査に絞ることにより、全国の大学病院や国立病院などの大病院を中心に市場を拡大してきました。この結果、高度な技術力と学術力を常に維持し続けることが必然となり、先生方からのご要望やお問い合わせにお応えできる体制を整えてまいりました。また、院内検査室運営における企画・受託をとおして、病院との連携も深めております。
一方、日本医学臨床検査研究所、北信臨床および群馬臨床検査センターは、地域医療をサポートする検査所として、一般・緊急検査を中心に事業を展開し、地域に根差す検査センターへと発展してまいりました。

エスアールエルでは現在、全国の医療機関から毎日20万件以上の検査を受託しており、これらすべての検査結果を早く正確にお届けするため、検体をお預かりする際の保存温度別輸送(集荷)BOXやラボラトリーオートメーションなどを独自開発し運用しております。東京・八王子のラボラトリー群では全国からお預かりした検体を集めて、特殊検査を行っています。また、主要地域に点在する検査施設では一般検査の迅速報告も可能としており、一般・緊急検査から特殊・研究検査まで臨床検査のすべての分野において受託体制を整えております。

全国のラボラトリーネットワーク

受託している検査項目は多岐にわたり、一般検査に加えて、内分泌学、腫瘍関連、血漿蛋白異常、ウイルス学、免疫血清学、免疫血液学、血液凝固系、生化学、薬物分析、遺伝子関連、HLA、細胞性免疫、病理学、細胞診など、各分野の特殊検査を行っています。近年では医療の高度化に伴い、コンパニオン診断関連検査、ゲノム解析など先端的な検査サービスを他社に先駆けて導入することにも努め、新しい検査サービスによる事業開発の機会を積極的に探索しております。

臨床検査の分類

海外受託臨床検査事業

ゲノム解析へのアクセス
ゲノム解析へのアクセス

2015年2月、当社はベイラー医科大学(米国)との間で遺伝学的検査事業に係る合弁会社を米国に設立しました。これによりベイラー医科大学の有する先進的な遺伝子解析技術(DNAシークエンス等)へのアクセスが可能となり、本技術を用いた検査サービスの事業化を進めてまいります。