会社情報

コーポレート・ガバナンス

ガバナンス体制

ガバナンス体制イメージ図

当社は、コーポレートガバナンスの強化・充実を経営上の重要な課題として認識しており、経営における透明性の向上と迅速かつ適正な意思決定につながる経営機構の確立に努めております。

当社は、2005年6月27日より委員会設置会社(現・指名委員会等設置会社)に、さらに7月1日より純粋持株会社に移行いたしました。これは、監督と執行の明確な分離と事業を迅速に展開できる執行体制の確立ならびにグループ会社統治の高度化を目的としております。取締役7名のうち5名を各分野の有識者である社外取締役とし、法令に基づき、指名委員会、監査委員会、報酬委員会を設置しております。

取締役会は、各委員会からの報告、執行役からの業務執行状況および経営目標の達成状況の報告を受け、タイムリーな経営情報の把握と監督が行なわれております。

また、情報開示の重要性に鑑みて、2005年10月に情報開示規程を制定し、当社の基本方針を明確にするとともに、代表執行役社長の諮問機関として情報開示委員会を設置しております。

コーポレート・ガバナンス方針
コーポレート・ガバナンスに関する報告書